• [絶賛 参加者 ※募集中※ ] 第192回例会ご案内

     
    192回例会チラシ_表面.jpg192回例会チラシ_裏面.jpg『いつ起こるか分からない災害に備えを』
     
    私の住む岡谷市で平成18年に目を疑うほどの土砂災害が起きました。私はなんの危機感もなく、ただ降り続く雨と感じていたのが、あの土砂災害へと。
     
    近年、全国各地で大規模な地震や土砂災害、河川の氾濫など自然災害が起きています。自然災害はいつどこで起こるか分かりません。いつ起こるか分からない災害への備えは発生してからでは遅く、私たちは災害に対し平時から正しい知識を学び、準備することが必要不可欠なのです。
     
    そして私たちの住むこの諏訪圏域は糸魚川―静岡構造線と諏訪を発し九州まで続く中央構造線が交わる現在日本で大規模な地震の起こる確率がもっとも高い地域なのです。
    災害は起こらない事に越した事はない。しかし災害はいつか必ず起こるのです。
    災害は、その恐ろしさが忘れ去られた頃に再び起こる為、用心を怠ってはならないのです。
     
    防災において基本となるのが、自らの身は自ら守る「自助」
    家族や地域コミュニティーの中で助け合う「共助」
    行政が市民を守る「公助」
     
     
    その中でも自助が出来る事が全ての根幹であり共助へと繋がるのです。助けられる人から助ける人へ、それが災害時一人でも多くの命を救う事が出来るのです。
     
     この事業では自助、共助を学び、そして災害模擬体験(地震体験、降雨体験、煙体験)する事が出来ます。
     
    先着200名様の事前申込となります。是非ご参加お願い致します。事前申込の方へは災害非常食を進呈致します。
     
    また、事前申込なしでも災害模擬体験出来るお時間がございますのでご家族やお友達をお誘い合わせの上ご来場下さい。
    この日をご家族で災害を考えるお時間にして下さい。
     
     
    日時:5月19日(土)受付開始11:30
    開演12:00
    場所:岡谷カノラホール(岡谷市文化会館)
    岡谷市幸町8番1号  小ホールおよびカノラホール裏平面駐車場
    ※雨天決行
    ※災害模擬体験される方は動きやすい服装でお越し下さい。また降雨体験される方はタオルをご持参下さい。
     
     
    お申込はこちらから!

     

copyright(c)2010 Junior Chamber international Suwa All Rights Reserved.