• 体験して覚えよう!ソーシャルディスタンス

    6月12日から7月10日にかけて諏訪圏域の小学校及び特別支援学校の子供たちを対象にソーシャルディスタンスの距離感を言葉で伝えるのではなく、実際に体験してもらえる形を取り、各学校の廊下に足跡のPOPを等間隔に貼り付けて実施を行なってきました。

    新型コロナウイルスの影響が残り終息の見通しが不透明な中、これから今までとは違った生活環境において子供たちの意識が少しでも向上してもらえる一助となればと考えております。

     

copyright(c)2010 Junior Chamber international Suwa All Rights Reserved.