岡谷部会 基本方針

岡谷市の人口は、平成28年3月に5万人を割り込みました。非生産年齢である老年人口割合は、すでに3割を超えています。人口が減少し高齢化が加速度的に進む岡谷市において、地域の活性化を図るために、我々青年が担う役割は、これまでよりも大きいものになってきていると考えます。
今だからこそ、これまで岡谷青年会議所時代から築き上げられた岡谷市との協力関係を継続し、地域活性化に関わる事業への協力を真摯に取り組むことが岡谷市の活性化への貢献に繋がると考えます。また、地域活性化を図るためには、地域住民の力が必要不可欠です。その原動力の一つが「自らのまちが好き」であることだと考えます。自らのまちには地域住民の力が必要不可欠です。その原動力の一つが「自らのまちが好き」であることだと考えます。自らのまちを知り、まちを好きになるきっかけを提供することで、地域活性化を図る原動力を持った地域住民が増えることを願います。
人口減少が地域の活力を失う一つの要因であるように、部会においても共に活動するメンバーの減少は、運動の活力を失う要因であると考えます。当部会では、運動の活力である共に活動をする仲間を増やすために、会員候補・メンバーが参加しやすい部会運営を行い、年間を通じた会員拡大を推進してまいります。
地域の活力は、諏訪圏の活力に。部会の活力は、LOMの活力に。地域という片輪が広域運動と両輪となり、「諏訪はひとつ」の思いのもと、輝くふるさとを形作るものと信じます。

事業計画

  実施時期
1.地域活性化のための調査・研究・実施 10月

その他・依頼・協力・引率事項

  実施時期
1.会員拡大への協力 2月~7月
2.塩嶺王城パークラインハーフマラソンへの参加・協力 随時
3.諏訪湖および河川一斉清掃への参加・協力 随時
4.岡谷青年会議所OBとの窓口 随時
5.各種団体の窓口 随時
6.諏訪湖マラソンへの参加・協力 随時
copyright(c)2012 Junior Chamber international Suwa All Rights Reserved.